島食の寺子屋 常勤講師募集(2020年度)

一般社団法人海士町観光協会が運営する「島食の寺子屋」では、
次期常勤講師(2020年度)を募集しております。

現常勤講師である佐藤岳央は、
2020年に予定されているマリンポートホテル海士のリニューアルオープンを機に、
同ホテルの総料理長として役職を移すこととなりました。

島食の寺子屋の校舎だけではなく、
生徒の実践先となる同ホテルの魅力化も、 和食の料理人を育成する場所として、
島全体で成長していく為に必要な取組と考えています。

その日採れた島の食材だけで料理と向き合う日々

佐藤岳央が語る島食の寺子屋講師の魅力

海士町は海、山、田畑がとても近く、

農家や漁師の方々ともほぼ毎日顔を合わせます。

島に来て初めに驚いたのは食材の旬が瞬く間に過ぎること。

同じ野菜でもわずか1週間違うだけで味が変わります。

厨房に籠って、選ばれた食材だけを見ていた時は未知だった、

自然と共にある農作物に触れ、海や山で食材を探したり米作りを手伝ったりと、

さまざまな経験を通して自身の料理感も変わりました。

もちろん講師の仕事からも多くの「気づき」が得られます。

長年の経験ゆえの思い込みが崩されることもあり、若い情熱溢れる生徒と共に仕事をする喜びもある。

何より島では今までの肩書きより、同じ島に暮らす人と人との交流があります。
一見「回り道」のように思える講師経験もじつは、

料理人としては「価値ある回り道」であると実感しています。

月刊専門料理6月号

島食の寺子屋 常勤講師募集要項

■勤務地
 島根県隠岐郡海士町
 
■業務内容
 島食の寺子屋の生徒への指導
 ・生産現場での仕入れ
 ・校舎での調理技術指導
 ・海士町内飲食店での実践指導
 
■給与
 400万~600万/年(経験・スキルに応じてご相談となります)
 ※住宅の紹介は致します。
 ※保険あり(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)
 
■休日
 原則週休2日制
 
■契約期間
 2020年4月~
 契約期間は2年~3年
※延長可。契約終了後、島内飲食現場(ホテル、日本料理店など)の総料理長ポストもあり。
※契約開始より前に来島頂き、現常勤講師から引継ぎを受けます。



お問合せ先

〒684-0404 島根県隠岐郡海士町大字福井1365-5  
一般社団法人 海士町観光協会「島食の寺子屋」
担当者:恒光一将(つねみつ かずまさ)  
Tel:08514-2-0101  /  Fax:08514-2-0102  /  Mail:tsunemitsu@oki-ama.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください