2020年度 島食の寺子屋常勤講師について

2020年度の島食の寺子屋常勤講師に、京料理「北白川 ともえ」出身の鞍谷浩史氏が就任致します。

2019年10月に京都のたん熊北店にて、鞍谷氏にお会いしたのち、11月には島食の寺子屋校舎をはじめとして海士町内の様々な現場を見学して頂き、最終的に2020年度からの島食の寺子屋常勤講師としての道を選ぶことを決断して下さりました。

島食の寺子屋の立ち上げから常勤講師を務めてきた佐藤岳央は、マリンポートホテル海士の総料理長に専念する形で、2021年のマリンポートホテル海士のリニューアルオープンに全力を注いでいきます。

また、京都芽生会のメンバー(辰巳屋鳥米)とも繋がりが深くなり、
来年も海士町にいらっしゃる勢いです。

島食の寺子屋の校舎にとどまらず、離島キッチン海士やマリンポートホテル海士も含めて、
島全体が学びの場となっていくことを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください